できるだけ早く学ぶ

描く人

漫画家になるためには独学で学んだり、プロの先生のアシスタントとして学ぶ方法などがあります。しかし最近では専門の学校で基礎から応用まで勉強することもできるので、このような道を選ぶのもひとつの手段です。進路を決めるのはできるだけ早い方が良いですが、遅くとも中学を卒業するまでには方向性だけでも定めておきたいものです。マンガを学ぶのも専門学校からではなく、できれば高校から専門のところに入学し、2~3年間はしっかりと基礎を学んでおけば就職にも役立ちますし、具体的な将来図も見えてくるでしょう。マンガが学べる高校は割と沢山ありますが、ひとつの事を専門とした学校より、イラストやアニメなどを含めて様々な学科が存在する学校が多い様です。とは言ってもマンガとアニメは切っても切れない関係ですし、イラストはマンガ作りの基礎となるものですから、刺激も受けますしスキルを磨くのにも最適な環境と言えます。

基礎と実務と学力を身に付ける

女の子イラスト

高校でマンガが学べる長所は、なにも早く学べることだけではありません。早くスキルを身に付けることで、在学中にデビューすることも夢ではなくなってくるでしょう。学校では専門の講師に直接指導してもらえるのは当然のことですが、中には現役の漫画家の方から色々と手ほどきを受けることができるところもあります。プロに弟子入りするのは簡単なことではありませんが、こういった形で実践的な技術やノウハウを若いうちから身に付けられるというのは、星の数ほどいるライバル達に対して大きなアドバンテージとなるのではないでしょうか。また、一生懸命マンガ作りに勤しんだ挙げ句、自分には向いていないと思われる方もいるかもしれません。そんな場合でも高校卒業の資格がとれるので、大学受験などその後の進路変更もスムーズに行えます。身に付けたスキルは決して無駄にはなりませんし、なんと言っても手に職が付くわけですから、その後も様々なクリエイティブな仕事にチャレンジできるでしょうし、自分の可能性を広げることにも繋がるでしょう。

入学費用と就職サポート

イラスト

気になるマンガ高校の入学金や授業料、教材費などについてですが意外と安いです。学校にもよりますがトータルで1年間に100万円を超えないところもありますし、通信制や週一のみのコースなどを選べば更に学費を抑えることもできます。また様々な奨学金制度が適用されるケースもあるので、家計に負担をかけずに思い切って夢に向かって突き進めるのではないでしょうか。卒業後の就職についても学校側がキチンとサポートしているところがほとんどです。数多くの企業とコネクションを持ち、生徒のデビューを力強く後押ししてくれます。技術的な指導だけでなく、プロとしての心構えや社会に旅立つ大人としての立ち振る舞いなど、細かいところまで教えてくれるので、一般企業へ就職する際にも役立つこと間違いありません。

広告募集中